STONE Exhaust

溶接技術


Stone Exhaust 職人の経験による芸術的溶接

溶接職人の養成には、非常に長期間の溶接作業の経験と工場内の厳格な審査制度を経る必要があります。溶接の強度の品質、浸透率、精度に対し、優れた安定性を有することは、STONEエキゾースト工場内における非常に重要な文化です。


Stone Exhaust 自動溶接

さらなる安定、より高い効率の溶接品質を達成するため、工場内には多項目の自動溶接設備があります。ベテランの溶接職人を選考し、職人の長年の溶接経験により、自動化設備を補助して、溶接技術をさらに高いレベルへ押し進めます。


Stone Exhaust クロス・オーバーラップ溶接工法クロス・オーバーラップ溶接工法は、製品の作業温度が950〜1050°Cに達する部分に、クロス溶接工法を採用し、溶接幅と浸透率を高めて、溶接の強度と製品寿命を確保します。

 

 

TOP